【災害対策できてますか?】見直しのおすすめ!必要なものだけでOK

雑記blog

こんにちは!うさです。

皆さんは災害から身を守る準備はできてますか?

毎年のように各地で起きてる災害に心を痛めながら

自分にも起こるのではないかと不安な気持ちになりますね。

避難グッズは最低限用意しておく物や、あったら便利なものも

たくさんありますが、重すぎて持てないと意味がありません。

必要なものを、段階に分けて用意しておくと

とても便利です。

また、持っていく物は人それぞれなので、必要のない物は

はぶきましょう。

今回は、必要な避難グッズの見直しについて

お伝えしていきます。

よろしければ最後までお付き合いください。

*この記事の内容

  • 背負える重さにしよう
  • 命にかかわるものだけでOK
  • 自分や家族に合ったものにする
  • 荷物を分散して準備しよう
  • それぞれの連絡先の確認をしよう
  • 長期保存でなくてもOK

避難所へ持って行く荷物

3日間必要なものだけ(一人分)×人数分

  • 食品(5~6食)
  • 飲料水(3ℓ)
  • 飴やお菓子類
  • 防寒対策(毛布、使い捨てカイロ)
  • 照明器具(懐中電灯)
  • モバイルバッテリー(ケータイ充電用)
  • ラジオ(AM/FM対応が良い)
  • 現金(小銭)
  • 薬や衛生用品(常備薬・カットバン・歯磨き・ナプキン)
  • エコバック・紙コップ・ナイロン袋
  • 家族写真
  • メモ帳・ペン
  • タオル類
  • ちょっとした衣類(下着・靴下など)
  • ヘルメット・軍手

初めに持って出る荷物は、あれもこれもとなりがちです。

必要最低限入れたつもりでも膨らんでしまいます。

支援物資が届くまでに掛かる日数は3日と言われています。

一人分を目安に、家族の人数や状態に合った物を入れるようにしましょう。

また、乳幼児やお年寄りのいらっしゃる方では、

余分に荷物が増えるので注意が必要です。

重い荷物をもち長い距離を歩くことを考えておかなければいけません。

持てるものを持てる人が持つというやり方で

それぞれに、荷物を準備しておきましょう。

安全確認後に取りに帰って持ってくる荷物

この場合いったん避難所生活をしながら、安全が確認されて時点で

取りに帰る荷物ということになります。

玄関先やわかり易い場所に普段から置いておくと慌てずにすみます。

この時点で、何が必要なのか、足りないのかなどが明確であれば

それらを運んでおけますね。

例えば)

  • スリッパ
  • 食料品
  • 飲料水
  • 暖房用品
  • 衣類
  • 簡易トイレ

避難所のスペースに余裕があるのであれば、

簡易テントなどでプライバシーなどの確保も重要になってきます。

ローリングストックという運用法の活用

備蓄した食品や、飲料水などの消費期限が短いものから

普段の生活で消費し、その都度補充していくという方法です。

それによって、保存食品の味に慣れておくという

メリットもあるようです。

また、最近では保存食品でなく、普段食べなれたものを詰めて置き、

消費期限までに入れ替える、というやり方をしている方もいるようです。

乳幼児やお年寄りのいらっしゃる方や持病をお持ちの方などには、

おすすめです。小さなお子さんの機嫌もとりやすくなりますね。

慣れない避難所では、いつも食べている物の方が

安心感があります。

まとめ

災害は、いつ身近に起こるとも限りません。

避難所へ行かない場合でも、電気、ガス、水道などの

ライフラインがストップするかもしれません。

いざという時の為に、

普段から避難グッズ備蓄を意識することが大切になります。

また、家族が全員家にいる時ばかりではないでしょう。

それぞれの居場所の避難先などもチェックしておくと

いいですね。

いかがだったでしょうか。

今回は、避難グッズ必要な物の見直しについてお話しさせて

いただきました。参考になれば嬉しいです。

このサイトでは、初心者向けブログ体験談や

日常ブログなどを投稿していきたいと思います。

同じ世代の方々に共感してもらえたら

嬉しいです。

それではまた、ごきげんよう!

雑記blog
usagiをフォローする
usagi

岡山県在住のシングルマザー(うさ)です。
医療機関勤務。
パソコンを一から学び、blogに興味を持ち始める。
暮らしに役立つ情報やシニア向け情報をメインで
発信しています。Twitter→楽天room→遊びに来て下さいね。

usagiをフォローする
57usagi Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました