【暖房器具】安全に使いたい!お年寄りや赤ちゃんに【おすすめ】

雑記blog

こんにちは うさです。

冬の寒い時期は、お年寄りや小さなお子さんのいらっしゃる

ご家庭では特に気になるのが暖房器具ですね。

留守の間に危険がないか、換気はできているか、など心配は尽きません。

そこで今回は、小さなお子さんやお年寄りでも安心して使える

暖房器具や、組み合わせ料金比較についてお伝えしていきます。

よろしければ、最後までお付き合いくださいね。

この記事でわかること

  • 暖房器具の種類と特徴
  • 電気料金が安い商品
  • 安全な組み合わせ
  • メリット・デメリット
  • 快適性

子供やお年寄りにおすすめの組み合わせ

  • エアコン+ホットカーペット
  • オイルヒーター+ホットカーペット
  • ホットカーペット+こたつ+エアコン

安全性を考えると、人体に直接害のないものを選ぶのが一番に

なってきます。

何故他の組み合わせでは安全面で心配があるのか、

種類や特徴について詳しく説明しています。

暖房器具の種類と特徴

エアコン

お部屋全体に温風を循環させることで暖めていきます

お部屋のサイズによって価格が変わってきます。

他の暖房器具との併用でより快適な環境になります。

一般家庭で普及しており、安全面に最適です。

メリット(エアコン)

  • リビングや広い部屋全体を暖めるのに向いています
  • 長時間の使用に向いています。
  • 比較的省エネ設定になっています。
  • 安全性に優れています。
  • 電気なので、お部屋の空気を汚しません。
  • お年寄りや子供に安心です
  • 長時間の使用に向いています。

デメリット(エアコン)

  • 暖まるまでに時間が掛かります。
  • 付け始めは温風が涼しく感じることがあります。
  • 直ぐには暖かくなりません。
  • 本体価格が高く取り付け工事が必要です。
  • 他の暖房器具との併用が必要です。

石油ファンヒーター

灯油を燃焼し、熱をファンで排出することで暖めるものです

他の暖房器具に比べると価格がお安いのが特徴です。

メリット(石油ファンヒーター)

  • エアコン同様お部屋全体を暖めます。
  • 即効性があります。
  • 持ち運びが簡単にできます

デメリット(石油ファンヒーター)

  • 定期的な空気の入れ替えが必要です。
  • 灯油の補給が面倒
  • お年寄りや子供では管理が出来ない。

オイルヒーター

本体の放熱により起こる空気の自然対流で暖めるものです。

風を出さないので、乾燥を防ぐ事ができます。

オイルヒーターに内蔵されているオイルは、完全に密封されているので

メンテナンスの必要がないのも特徴の一つです。

デメリットはありますが、上手に配置することで

小さなお子さんやお年寄りにとっては、安全性の

高いものとなっています。

メリット(オイルヒーター)

  • 音が非常に静かです。
  • 空気が汚れがありません。
  • 空間全体を長時間暖めることに向いています。
  • 火傷の心配がありません。
  • こまめに換気する必要がありません。
  • 乾燥の心配がありません。

デメリット(オイルヒーター)

  • 低い温度で運転しているため効率が悪い。
  • 電気料金が高い(600W~1200W必要)。
  • 暖まるまでに時間がかかる。
  • 気密性がない

ホットカーペット

カーペットの表面のみを暖めるものになっています。

お部屋全体を暖めることは出来ませんが、体に触れる部分が

暖かいため、室内温度が低い場合でも快適な

暖かさを保つことが出来ます

エアコンやコタツなどと併用することで

快適な暖かさが期待できます。

注意点としては

小さなお子さんのお昼寝時や体感温度が鈍感に

なっているお年寄りなどは低温やけどなどのケガに

気を付けることが必要です。

こたつ

こたつ布団でテーブルを覆う事でこたつ内の空間を暖めるものです

狭い空間をヒーターで暖めているため、直ぐに暖めることができます。

お部屋全体を暖める事は出来ませんので

エアコンなどと併用する事をお勧めします。

温度調節も出来ますので便利ではありますが、

お年寄りや小さなお子さんには、やけどなどの注意が必要です。

ホットカーペットと併用し、

こたつ自体のスイッチは切っておくのも良いでしょう。

また、エアコンを同時に使用する事で

お部屋全体も暖める事ができます。

電気ストーブ

赤外線ヒーターや遠赤外線ヒーターなどの種類があります。

直接電磁波で熱を伝えるため即暖性があります。

持ち運びに便利ですが、お部屋全体の暖めや、

長時間の使用には向いていないので

洗面所などの一時的に暖めたい場所での使用

おすすめです。

電気料金の比較

1時間あたり
エアコン約2.8円~53.5円
こたつ約2.2円~4.3円
ホットカーペット約6.2円
オイルヒーター約12.7円
電気ストーブ約12.2円~24.3円
ファンヒーター約16.2円~32.4円

まとめ

便利化が進み、暖房器具にもたくさんの種類がありますね。

安全性に優れたものをと思っている方は多いと思います。

健康に害がない商品安全性の高いもの

さらに、小さなお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭では

操作が難しくないことが求められます。

電気料金が安いものを選び、尚且つ安全であれば

一石二鳥ですね。

快適に過ごすためには、それぞれの特徴を知り、

シーンに合った使い分けをすることが大切です。

今回は、お年寄りや

小さなお子さんのいらっしゃるご家庭に

おすすめの暖房器具と組み合わせについて

まとめてみました。

いかがだったでしょうか。

このサイトでは、初心者向けブログ体験談や

日常ブログなどを投稿していきたいと思います。

同じ世代の方々に共感してもらえたら

嬉しいです。

それではまた、ごきげんよう!

雑記blog
usagiをフォローする
usagi

岡山県在住のシングルマザー(うさ)です。
医療機関勤務。
パソコンを一から学び、blogに興味を持ち始める。
暮らしに役立つ情報やシニア向け情報をメインで
発信しています。Twitter→楽天room→遊びに来て下さいね。

usagiをフォローする
57usagi Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました