シニア世代におすすめの資格!人気の高い【おすすめはこちら】

シニア向け

こんにちは!うさです。

定年で仕事を辞めた後は

しばらくは悠々自適な生活を送ることができます。

長年お勤めされていた方は特に自由を満喫できるでしょう。

ところが、そんな生活も数週間もすれば

飽きてきてダラダラした生活になってしまいます。

これまでの生活習慣がなくなるということで、

自分の存在自体に価値を感じられなくなってきます。

そんな方にお勧めしたい資格がこれ!

今回は、シニア世代に人気の高い

食生活アドバイザーについて

ご紹介をさせていただきたいと思います。。

実生活に役立つだけでなく

学ぶことで、毎日に張りが出てくることでしょう。

自分や家族の健康面にも役立てることができる

人気の高い資格になっています。

*この記事でわかること

  • 食生活アドバイザーとは
  • おすすめの訳
  • メリット
  • デメリット
  • 資格のとり方

食生活アドバイザーとは

食生活の見直しを行い、健康管理や食についての

アドバイスをする食のスペシャリストなのです。

国家資格が必要な栄養士と違い

食生活アドバイザーは民間資格ですので

やさしい難易度になっています。

資格の種類

食生活アドバイザーの資格には3級と2級があり

独学でも取得できるものになっています。

なので、一般の方に人気の高い資格になっています。

先ずは3級から始めてみましょう。

食や食育に興味のある方にはピッタリではないでしょうか。

資格を取るメリット

食の知識を生かして働ける職場が豊富なので活躍できる。

  • 医療機関
  • 介護
  • 福祉施設
  • 学校
  • スーパー・飲食店

資格に合わせて時給アップされる場合もあるようです。

働かないにしても、自分や家族の

健康に貢献することができます。

デメリット?

デメリットというわけではありませんが、

強いていえば、ある程度の勉強量と

1~3か月ほど時間がかかるということです。

難易度は高くないとお伝えしましたが

一定期間集中して食にまつわる勉強が必要になります。

あとは最低限の教材費と資格を取得する為の

受験料が必要です。

  • 3級→5000円弱
  • 2級→8000円弱

試験会場に出向かなくてはいけませんので

近場で試験が受けれるのか調べておくと良いでしょう。

なぜシニアにおすすめなのか

自分の健康管理に役立つだけでなく

衛生管理に詳しくなるので、病気予防にもつながります

健康思考の方にはピッタリではないでしょうか。

新しい分野を学ぶことで、生活に張りが出て

脳の働きにも良い影響を与えることができますね。

まとめと

シニア世代に人気の高い

食生活アドバイザーの資格について

お伝えしてきました。

栄養士や管理栄養士のなどの国家資格と異なり

一般の方が気軽にチャレンジすることができる

食生活アドバイザーの資格は民間資格となっています

定年後に始める方も多いと思います。

あなたも始めてみませんか?

いかがだったでしょうか

このサイトでは、初心者向けブログ体験談や

シニア向け日常ブログなどを投稿していきたいと思います。

同じ世代の方々に共感してもらえたら

嬉しいです。

それではまた、ごきげんよう!

シニア向け
usagiをフォローする
usagi

岡山県在住のシングルマザー(うさ)です。
医療機関勤務。
パソコンを一から学び、blogに興味を持ち始める。
暮らしに役立つ情報やシニア向け情報をメインで
発信しています。Twitter→楽天room→遊びに来て下さいね。

usagiをフォローする
57usagi Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました