定年前に知らないと損!【制度と準備】始めてみよう!

シニア向け

こんにちは!うさです。

50代に突入すると少なからず考えます。

定年後に何をすればいいのか?

特に気になるのは、

その後の手続きなどではないでしょうか。

今回は、定年直後に必要な手続きと

暮らし方のポイントについて記事にしています。

年金は自分で手続きをしなければならない

ということをご存知でしょうか?

意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

日本年金機構から

年金請求書が届きますので

忘れずに手続きをしましょう。

定年後に必要な手続き

年金

支給開始年齢の3ヶ月前に届く年金請求書

年金事務所へ提出します。

*添付書類を一緒に提出しましょう。

  • いつから支給されるのか?
  • いくら支給されるのか?

前もって年金事務所で確認しておきましょう。

こちらの記事もおすすめです。↓↓↓

在宅老齢年金制度

健康保険

国民健康保険への加入手続きが必要です。

在職中に加入していた保険で2年間任意継続することも

できますが、どちらか安い保険料を

選ぶと良いですね。

保険料は市区町村や収入によって

違ってきますので、各保険窓口で

確認しておきましょう。

雇用保険を受給の場合

会社から離職票をもらい

ハローワークで求職の申し込みをしましょう。

再就職をしない場合

確定申告が必要です。(12月末に退職の場合は不要

送られてきた納付書で税金を支払いましょう。

定年後に慌てることがないように

金額などを調べておきましょう。

定年後の予算計画を立てる

夫婦で暮らすのか、一人暮らしかで

変わってきますが、ここが一番気になるところ

ではないでしょうか。

例えば)

  • 住居費
  • 食生活費
  • 光熱費
  • 交通費
  • 通信費
  • 医療費
  • 交際費

最低限必要な支出はそれぞれ違いはありますが、

年金生活に向けて

新たに予算計画を立ててみると分かり易く

なってきます。

実際には多めの予算を立てておくと良いでしょう。

定年後の暮らし方をシミュレーションしておく

定年後に再雇用を検討する人もいますが、

仕事を辞めて楽しむ事を

優先しようという人もいるでしょう。

その場合、旅行や趣味

友人との付き合い、家族との関係など

定年後に想定される自分の状況を具体的に

考えておくと良いでしょう。

例えば)

  • 一日の流れの計画を立てる
  • 子供や孫に会いに行く
  • 友人とのお付き合い
  • 趣味は何をするか
  • 旅行の計画を立てる

何に重点を置いた生活をするのかなど

金銭面や健康面についても考えておきましょう。

まとめ

50代になったら、

準備しておくことについてお伝えしてきました。

先ずは諸手続きについて、

できるだけ詳しく調べておきましょう。

  • いつから支給されるのか?
  • いくら支給されるのか?

金額に合わせて生活予算を立てていくことが大切です。

また、定年後がどういう暮らしになっていくのか?

あらかじめシミュレーションし

早い段階での準備をおすすめします。

在宅老齢年金制度←こちらの記事もおすすめです。

いかがだったでしょうか

このサイトでは、初心者向けブログ体験談や

シニア向け日常ブログなどを投稿していきたいと思います。

同じ世代の方々に共感してもらえたら

嬉しいです。

それではまた、ごきげんよう!

定年後のお金と暮らし2020 (週刊朝日ムック) [ 朝日新聞出版 ]

価格:999円
(2021/3/13 01:19時点)
感想(2件)

シニア向け
usagiをフォローする
usagi

岡山県在住のシングルマザー(うさ)です。
医療機関勤務。
パソコンを一から学び、blogに興味を持ち始める。
暮らしに役立つ情報やシニア向け情報をメインで
発信しています。Twitter→楽天room→遊びに来て下さいね。

usagiをフォローする
57usagi Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました