定年前後に必要な【手続き】&【生活プラン】できるだけ早めに計画しておきたい理由!

シニア向け

こんにちは!ブログ管理人のうさと申します。

みなさんは定年前後の手続きや暮らしに

不安を感じたことはありませんか?

  • 年金額
  • 趣味や生活
  • 健康や医療費
  • 仕事や失業保険

誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

50才を過ぎると、

定年に対する疑問がリアルに頭をよぎるようになります。

  • 定年後はどんな暮らしが待ってるか?
  • 年金だけで生活できるか?
  • 仕事が続けられるか?
  • 手続きはどうすればよいのか?

特に気なるのは年金手続きと、その後の生活ではないでしょうか。

今回は私自身も定年間近であり、

定年前後の手続きなどに不安を感じる一人として

この記事を書いています。

興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

年金は自分で手続きをしなければなりません。

65歳誕生日の3ヶ月前に

日本年金機構から年金請求書が届きますので

忘れずに手続きをしましょう。

定年後に必要な手続き

年金

支給開始年齢の3ヶ月前に届く年金請求書

年金事務所へ提出します。

*添付書類を一緒に提出しましょう。

  • いつから支給されるのか?
  • いくら支給されるのか?

前もって年金事務所で確認しておくとよいでしょう。

日本年金機構ホームページ

健康保険

国民健康保険への加入手続きが必要です。

在職中に加入していた保険で2年間任意継続することも

できますが、どちらか安い保険料を

選ぶとよいでしょう。

保険料は市区町村や収入によって

違ってきますので、各保険窓口で

確認しておくと安心ですね。

雇用保険

会社から離職票をもらい

ハローワークで求職の申し込みをします。

その際、書類や免許証などが必要になりますので、

事前に確認しましょう。

  • 退職後すぐに働かない場合
  • 在職中にそろえておきたい書類
  • 手続きの流れ

最寄りのハローワークで調べておけば、何度も足を運ばなくてすみます。

再就職をしない場合

確定申告が必要です。(12月末に退職の場合は不要

送られてきた納付書で税金を支払いましょう。

定年後に慌てることがないように

金額などを調べておきましょう。

定年後の予算計画を立てる

夫婦で暮らすのか、一人暮らしかで

変わってきますが、ここが一番気になるところ

ではないでしょうか。

例えば)

  • 住居費
  • 食生活費
  • 光熱費
  • 交通費
  • 通信費
  • 医療費
  • 交際費

最低限必要な支出はそれぞれ違いはありますが、

年金生活に向けて

新たに予算計画を立ててみると分かり易く

なってきます。

実際には多めの予算を立てておくと良いでしょう。

定年後の暮らし方をシミュレーションしておく

定年後に再雇用を検討する人もいますが、

仕事を辞めて楽しむ事を

優先しようという人もいるでしょう。

その場合、旅行や趣味

友人との付き合い、家族との関係など

定年後に想定される自分の状況を具体的に

考えておきたいですね。

例えば)

  • 一日の流れの計画を立てる
  • 子供や孫に会いに行く
  • 友人とのお付き合い
  • 趣味は何をするか
  • 旅行の計画を立てる

何に優先して生活をするかなど

金銭面や健康面についても考えておきましょう。

新しい生活に向けて家の中をシンプルに片付け、

スッキリ暮らしたいですね。

まとめ

50代を過ぎたら、

準備しておきたいことについてお伝えしてきました。

先ずは諸手続きについて、

できるだけ詳しく調べておきましょう。

  • いつから支給されるのか?
  • いくら支給されるのか?

金額に合わせて生活予算を立てていくことが大切です。

また、定年後がどういう暮らしになっていくのか?

あらかじめシミュレーションし

早い段階での準備をおすすめします。

在宅老齢年金制度←こちらの記事もおすすめです。

このサイトでは、初心者向けブログ体験談や

シニア向け日常ブログなどを投稿しています。

同じ世代の方々に共感してもらえたら

嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

定年後のお金と暮らし2020 (週刊朝日ムック) [ 朝日新聞出版 ]

価格:999円
(2021/3/13 01:19時点)
感想(2件)

シニア向け
スポンサーリンク
usagiをフォローする

はじめまして!
精神科病棟で20年以上働いている看護師、うさと申します。
誰かの役に立てればと思い、自身の経験をもとに
暮らしに役立つ情報やシニア向けの情報など発信しています。
リアルな疑問を記事にしていますので読んでいただけたら嬉しいです。
よろしければTwitterフォローをお願いします。
くまうさぎの楽天roomにも、ぜひお立ち寄りください。

usagiをフォローする
57usagi Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました